リオとレイアと日常

リオ(スコティッシュフォールド・♂)&レイア(ノルウェージャンフォレストキャット・♀)とアッシュ(ソマリ・♂)との生活を綴っております☆彡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リオくん 虹の橋へ

りお
スコティッシュ・フォールドのリオくんです。
温和な性格で賢くて、でも甘えん坊で本当に私達家族にとっては可愛い子。
本日、午前11時25分息をひきとりました。
生後9ヶ月と26日目の本当に短すぎる命となりました。

ある程度はリオ君が亡くなることを覚悟していたつもりでしたが
願わくば…眠るように穏やかに見送りしてあげたかったです。
現実はそんな私の甘い希望も打ち砕きました。

いつものように用事の合間にリオくんの様子を伺いに部屋を覗くと
気配を感じて顔をこちらに向けるのがグッタリ寝たままです。
声をかけたらしっぽをちょこっと振って愛想してくれるのに無反応
近くに寄ると息はしてますがあまりにも元気がありません。
抱き上げてみるとぬいぐるみのようにまったく力が入っていません。

しばらく様子を見ていましたが、しゃくり上げるような大きな呼吸をたまにするようになったので病院へ電話すると「どこまで出来るかわかりませんが可能な限りのことをしてあげたいのですぐに連れてこれますか?」と言われ急いで準備して階段をおりている途中にゲージの中で嘔吐…

今までとはまったく違う血のまざった色の濃い吐しゃ物でリオくんの顔から肩にかけてが覆われていました。咽につまらないようにシーツで頭部固定し車を走らせました。
もう「がんばって」とは言いたくないけど、病院へ到着するまでは頑張って!と頭の中はグルグル
到着後、すぐに救急の入り口から中へ通されリオくんの処置が大勢の先生と看護婦さんによって始められました。

リオくんの血圧が安定してから担当の先生からお話があり
ウイルスが脳に入り込んでいて神経系の症状が現れだしていること。
ステロイドの効果がリオくんにはきつすぎて胃穿孔(いせんこう=胃に穴が空く)を起こしているので嘔吐物に血が混ざってしまっていること。
今自分達に出来ることは輸血をしてあげることだけど、準備に時間もかかるし、出来ても拒絶反応の可能性があること、成功したとしてもリオくんの意識は戻ってこないということ。
※病院に到着した時点でリオくんの意識は既になくなっていました。

輸血をして成功して家にまた一緒に帰れるならお願いしたかったですが
意識が戻らないと言われ、そして目の前でそれなのにまだ嘔吐の反応を繰り返しているリオくん。
これ以上意識がなくて痛みやしんどさを感じなくなっているにしてもそんな様子のリオくんの命を無理に延ばしたくないと思い輸血をお断りしました。

そして次に先生から決断を迫られたことは「安楽死」です。
もちろん、先生はその言葉は使いませんが…
やせ細った身体を引きつらせ何度も大きく口を開いて嘔吐しそうな反応を見てるのは辛すぎました。意識があるなら絶対にしなかった苦渋の決断ですが、主人と電話で相談してお薬でもうこの状態から開放してあげてくださいとお願いしました。

ご家族が来られるの待たなくていいですか?と先生は気にしてくださいましたが、
息子と娘はもちろん学校ですし、主人も仕事に行ってましたから来るにしても時間がかかりますので私が一人で責任もって最期を見守ることにしました。
色んな管が全て外され心音が聞けるだけの状態で
「お母さん、今からお薬を身体に入れていきますね」 の先生の話のあと
少しずつリオくんの心音の間が長くなり・・・数秒後には完全に呼吸も止まりました。

その後、先生・看護婦さんの手で嘔吐物や失禁したおしっこで汚れていたリオくんの身体はきれいにされ、新しい真っ白なタオルでくるまれたリオくんは花柄の青い棺に入れてもらえました。
担当の先生からお話では、リオくんのFIPは先生の経験上では「劇症」の部類に入るそうですが、私達家族がもっと早くにリオ君の体調の異変に気が付いてあげることができていれば。。。結果はこの病気である以上変わらないことは分かってはいますが、自分達の猫ちゃんに対する無知が悔やまれてなりません。

リオくんが虹の橋を迷わずに渡ってたくさんの猫ちゃんと楽しく遊んでくれているといいな。。。
明日の午後お寺へ行きお葬式をしてもらい、その足で火葬場へ向かう予定です。
リオ君の病気のことを心配して頂き、温かい言葉をかけてくださった皆様にお礼を申し上げます。
そして、これから先に同じ病気で悲しむ人が少しでも減るように獣医学の発展を切に願います。


ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

闘病7日目

リオ
スコティッシュフォールドのリオくんです。

今日の午前中に病院へ行ってきました。
昨日からご飯を口に運んでも舌で押し出してほとんど食べれておりません。
嘔吐を何度も繰り返し体重が前回よりも減って2.6kで、腹水の重さを抜くと2kちょっとしかないことになります。健康な時には3.2kまで成長してましたので、3分の2ほどに…

お腹  背中


嘔吐の繰り返しで脱水症状になりかけていたので
点滴とインターフェロン・ステロイド・吐き気止めの皮下注射をして頂きました。
診察のあった時間にはまだFIPの検査結果が届いていなかったんだけど
夕方、陽性の判定結果が返ってきたと先生から連絡がありました。
明日からは腹水が溜まっている部分へ直接注射することになります。
劇的にリオ君の体質に合えば治ることもあるそうですが、可能性は極めて低いようです…


リオくんに陽性の結果が出ましたので、明日の午前中にレイアちゃんに感染してないか血液検査を受けることにしました。(これも結果が出るまでに1週間ほどかかるそうです。)
もし…コロナウイルスの抗体価が高く出た場合はFIPへ突然変異するリスクを極力避けた生活を送らなければなりません。




すっかり寂しい思いをさせてしまっているレイアちゃん。
レイア
姿を見ないなぁと思うとパソコン部屋の出窓からひとりで外をよく眺めています。
そして私がパソコンの前に座ると写真のようにがん見してきます(笑
この頃はグルーミングしてもらうのが大好きで、ひざの上で毛をといてあげるとゴロゴロ喉を鳴らしてウトウト気持ちよさそうに眠ります。

前のブログで書いてあったレイアちゃんの「わんちゃん的芸当」の動画を見てやってください。



ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン

闘病中

リオ
スコティッシュフォールドのリオくんです。

前回のブログで食事摂取量が減ったことを書きましたが、その翌日にはまったくご飯を口にしなくなってしまったので水曜日に朝から病院へ診察を受けに行ってきました。

血液検査・レントゲン・エコー検査の結果、赤血球の減少、白血球の増加、ビリルビンの増加による黄疸。そしてお腹には腹水が溜まってきてました。
これらから推測される病気は
・肝臓疾患(肝リピドーシス他)
・ヘモプラズマ(血液にダニが寄生する病気)
・すい炎
・たん管炎
・心疾患
・FIP(猫伝染性腹膜炎)
この中から症状の照らし合わせで消去法で病名を特定していきます。

今日まで色んな検査を繰り返ししてもらった結果と病理検査でのすい炎の陰性判定で
ほぼFIPで間違いないだろうとのことで、この病気に対する治療が開始されました。
ステロイドとインターフェロンの投与です。
診断確定が戻ってくるのが明日か明後日なのでとりあえず皮下注射になりますが
確定となると腹水が溜まっている部分に直接注射で投与になるそうです。
病気についてはこちらに詳しく書かれています⇒猫伝染性腹膜炎(FIP)

お腹が腹水でぱんぱんに膨らんできていたので今日は100cc病院でぬいてもらいました。
それでもまだお腹の中には200~300ccの腹水が残っているそうです。
これを全部ぬいてしまうのは腹水にたんぱく質が流れ出しているのでかえってよくないそうです。
当初は先生からの説明を聞くのに涙を必死で堪えるのに精一杯でしたが
まだ、完全には受け入れきれてませんが…頑張ってるリオ君の前で泣くことはできませんからね。

食事のほうは病院で出してもらった「id」という缶詰のものを家でペースト状にすり潰して口にスポイトで入れればなんとか飲み下してくれていますが、たまに吐いちゃうことも…今日投与してもらったステロイドの作用で猫ちゃんによっては食欲が沸く子もいるらしいのですが・・・どうかなぁというところです。

レイアちゃんとは接触しないように完全にリオ君を隔離状態。
療養部屋
↑寝室が療養部屋となっております。(リオ君はいつも夜間はここで寝ていたので必然的に)

部屋の外では・・・
心配
気配を感じるのでしょうね。レイアちゃんがしょっちゅうここに居るようになりました。
発症した猫からほかの猫へFIPウイルスが感染することはほぼ無いそうですが、まったくないというわけでもないらしく病院の先生より「隔離」を言われました。

室内のリオくんの様子は。。。
剃毛
ベッドの上で横になっています。お腹のお毛々が剃られているのはエコー検査の為です。

ご心配をかけるような内容のブログになってしまいました。
しばらくリオくんの闘病に時間をとるようになると思うので中々皆さんのブログにお邪魔することもできなくなるかもしれません。このブログの更新も滞るようになるかもですが温かく見守っていただけたら幸いです。


ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン

リオくんの食事事情

リオくん
スコティッシュフォールドのリオくんです。
ここ数日食欲にかなりの偏りが発生しております

一日のトータルの量で言えば・・・10g食べてるかて感じなんです。
かといって元気がないわけでもなくですね
虚勢してからすっかり隠居的生活を送ってはいますが屋内の移動可能範囲をフラフラといつもと変わらず偵察してまわっております。
ちょっと気になってネットで検索してみたところ、リオにゃんと同じような食生活を繰り返しておられる子も居らっしゃるのが分かり少し肩の荷が降りました
でも気を抜かない程度には体調を見守っておくことにします

かたまってます
こちらはノルウェージャンフォレストキャットのレイアちゃんです。
ちょ~っと分かりづらいですが少し背中の毛を逆立てて緊張してるんですねぇ
この写真をとる少し前にリオ君がちょびっとケロってしまい
それに驚いた模様です・・・
・o・)<レイアちゃんも食べてすぐに暴れてケロったことあるでしょー
自分もやらかしたことがあるのはスッカリ忘れ去ってるんですね

今日は前回の続きを動画でレイアちゃんの強心臓ぶりを見てやってくださいませ


ホームページにキャットショー用のケージカバーの作り方をあっぷしましたので
よろしかったら見てやってくださいませ~ ⇒こちら

次回はレイアちゃんの犬的芸当をご紹介致します


ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン

恵みの雨

寝起き
スコティッシュフォールドのリオくんです。
暑くなってからはベッドの上…
私か旦那の足元近辺で棒状に伸びて寝るようになっていたんだけど…
8/2 朝の様子↓
りお寝起き
昨日の夜は涼しかったからかなぁ
夜間の睡眠を試作品第一号でするのは久しぶりかもです。
猫の行動で気温の変化が良くわかる(笑)


そこで暑い盛りの間はやめておいたベランダにリオ君と出てみました
ベランダで
手すりにしがみついて家の前にとまってる車の屋根をうつ雨にしばらく見入り
時折前の道を通るクルマの音がするともっと体を乗り出してのぞき込みます(笑)
どんどん重くなってきたリオくん。長い時間は私の腕が限界ですよ



リオくん、足の骨用サプリを食べ始めて20日ほどになります。
少しまっすぐに
真後ろから撮れなかったのでちょっとわかりづらいですが
いかがでしょう前よりかなり左側への傾きが改善されてきてませんか
8/3の後ろ姿↓
ぽってり


話はまったく変わりますが・・・
瑞樹ポンさんのブログに関ヶ原の戦場跡地の話題が書かれてたので思い出したんですが
お盆前に息子が岡山に帰省した際に面白い催しを発見したと報告があったんです。
それがこちら⇒瀬戸内市立美術館
あの有名な戦国をモチーフにしたゲーム『戦国BASARA』のイラスト展ですって
人口が8000人にも満たない高齢化が進んでるこのド田舎町で何故…
まったく不可思議でなりません(笑)


ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
プロフィール

きらっこ

Author:きらっこ
<主な登場人物>
リオ:2010年11月19日生まれのスコティッシュフォールド(♂)

レイア:2011年4月5日生まれのノルウェージャンフォレストキャット(♀)

アッシュ:2011年7月22日生まれのソマリ(♂)

きらっこ(私):高校生の子がいるおばちゃん(´ε`;)

旦那さん:実は私より一回り年下

息子ちゃん:専門学生

娘ちゃん:現在高校3年生

Babyちゃん:2012年7月22日誕生

にゃんこはいまいくつ?

リオ:♂(スコティッシュフォールド)
2010年11月19日生まれ
生後9ヶ月26日
生まれて300日目
2011年9月14日AM11:25
に虹の橋を渡りました。


全記事表示リンク
Amazonペット用品


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。