リオとレイアと日常

リオ(スコティッシュフォールド・♂)&レイア(ノルウェージャンフォレストキャット・♀)とアッシュ(ソマリ・♂)との生活を綴っております☆彡
-別アーカイブ  [ 2011-09- ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

闘病中

リオ
スコティッシュフォールドのリオくんです。

前回のブログで食事摂取量が減ったことを書きましたが、その翌日にはまったくご飯を口にしなくなってしまったので水曜日に朝から病院へ診察を受けに行ってきました。

血液検査・レントゲン・エコー検査の結果、赤血球の減少、白血球の増加、ビリルビンの増加による黄疸。そしてお腹には腹水が溜まってきてました。
これらから推測される病気は
・肝臓疾患(肝リピドーシス他)
・ヘモプラズマ(血液にダニが寄生する病気)
・すい炎
・たん管炎
・心疾患
・FIP(猫伝染性腹膜炎)
この中から症状の照らし合わせで消去法で病名を特定していきます。

今日まで色んな検査を繰り返ししてもらった結果と病理検査でのすい炎の陰性判定で
ほぼFIPで間違いないだろうとのことで、この病気に対する治療が開始されました。
ステロイドとインターフェロンの投与です。
診断確定が戻ってくるのが明日か明後日なのでとりあえず皮下注射になりますが
確定となると腹水が溜まっている部分に直接注射で投与になるそうです。
病気についてはこちらに詳しく書かれています⇒猫伝染性腹膜炎(FIP)

お腹が腹水でぱんぱんに膨らんできていたので今日は100cc病院でぬいてもらいました。
それでもまだお腹の中には200~300ccの腹水が残っているそうです。
これを全部ぬいてしまうのは腹水にたんぱく質が流れ出しているのでかえってよくないそうです。
当初は先生からの説明を聞くのに涙を必死で堪えるのに精一杯でしたが
まだ、完全には受け入れきれてませんが…頑張ってるリオ君の前で泣くことはできませんからね。

食事のほうは病院で出してもらった「id」という缶詰のものを家でペースト状にすり潰して口にスポイトで入れればなんとか飲み下してくれていますが、たまに吐いちゃうことも…今日投与してもらったステロイドの作用で猫ちゃんによっては食欲が沸く子もいるらしいのですが・・・どうかなぁというところです。

レイアちゃんとは接触しないように完全にリオ君を隔離状態。
療養部屋
↑寝室が療養部屋となっております。(リオ君はいつも夜間はここで寝ていたので必然的に)

部屋の外では・・・
心配
気配を感じるのでしょうね。レイアちゃんがしょっちゅうここに居るようになりました。
発症した猫からほかの猫へFIPウイルスが感染することはほぼ無いそうですが、まったくないというわけでもないらしく病院の先生より「隔離」を言われました。

室内のリオくんの様子は。。。
剃毛
ベッドの上で横になっています。お腹のお毛々が剃られているのはエコー検査の為です。

ご心配をかけるような内容のブログになってしまいました。
しばらくリオくんの闘病に時間をとるようになると思うので中々皆さんのブログにお邪魔することもできなくなるかもしれません。このブログの更新も滞るようになるかもですが温かく見守っていただけたら幸いです。


ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
プロフィール

きらっこ

Author:きらっこ
<主な登場人物>
リオ:2010年11月19日生まれのスコティッシュフォールド(♂)

レイア:2011年4月5日生まれのノルウェージャンフォレストキャット(♀)

アッシュ:2011年7月22日生まれのソマリ(♂)

きらっこ(私):高校生の子がいるおばちゃん(´ε`;)

旦那さん:実は私より一回り年下

息子ちゃん:専門学生

娘ちゃん:現在高校3年生

Babyちゃん:2012年7月22日誕生

にゃんこはいまいくつ?

リオ:♂(スコティッシュフォールド)
2010年11月19日生まれ
生後9ヶ月26日
生まれて300日目
2011年9月14日AM11:25
に虹の橋を渡りました。


全記事表示リンク
Amazonペット用品


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。