リオとレイアと日常

リオ(スコティッシュフォールド・♂)&レイア(ノルウェージャンフォレストキャット・♀)とアッシュ(ソマリ・♂)との生活を綴っております☆彡
-別アーカイブ  [ 2011-10- ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

検査結果

DSC00533.jpg
ノルウェージャンフォレストキャットのレイアちゃんです。

先日受けていた「コロナウイルス」の抗体価の結果が出ました。
結果は数値として「<100(100以下)~6.400倍」の間で出てきます。
上限の数字は検査機関によって違いはあり、その検査機関で出せる最大数値となります。

以下は「ねこ愛育メモさん」のサイトから抜粋
検査対象の猫が健康な場合
<100:
現在コロナウイルスに感染しているとは思われないので当面は心配ありません。この猫が室内飼育の場合、他の猫を導入する際に抗体陰性を確認すれば、この家庭ではFIPの発生はみられないでしょう。

100~400:
低い抗体価なので現在ウイルスがいるかどうかはっきりわかりませんが(一度上がった抗体価が下がっていく途中のことが多い)、健康なのでまず問題は少ないでしょう。

800~6400:
現在コロナウイルスが体内にいるために抗体価が高いか、あるいは高い抗体価が下がっていく途中かのいずれかが考えられます。FIP発生の確率は、猫にストレスがかかった場合、最大で10%程度です(猫の体内でコロナウイルスが強毒のFIPウイルスに突然変異)。このまま健康で1カ月以上経過してからの再検査で抗体価が下がれば問題は少ないでしょう。

で。
レイアちゃんの結果は前回に引き続き<100(100以下)でしたので
今月末28日金曜日に予約をお願いしました。

すっかり秋なのに昨日からちっちゃな春が訪れてるレイアちゃん。
またもやキュンキュンと切ない声を出しながら
家族・家具・壁とところかまわずスリスリしておられます
おそらくまた2・3日で落ち着きを取り戻すと思われますが…
お願いだから手術予定日直前には春を呼ばないでね?


ブログ更新の励みになりますので
良かったらポチッと応援してください
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
プロフィール

きらっこ

Author:きらっこ
<主な登場人物>
リオ:2010年11月19日生まれのスコティッシュフォールド(♂)

レイア:2011年4月5日生まれのノルウェージャンフォレストキャット(♀)

アッシュ:2011年7月22日生まれのソマリ(♂)

きらっこ(私):高校生の子がいるおばちゃん(´ε`;)

旦那さん:実は私より一回り年下

息子ちゃん:専門学生

娘ちゃん:現在高校3年生

Babyちゃん:2012年7月22日誕生

にゃんこはいまいくつ?

リオ:♂(スコティッシュフォールド)
2010年11月19日生まれ
生後9ヶ月26日
生まれて300日目
2011年9月14日AM11:25
に虹の橋を渡りました。


全記事表示リンク
Amazonペット用品


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。